柊の郷だより

カテゴリー:未分類

奈良 雛人形設置

2017/02/28

皆さんこんにちは^^¥

 

少し気候も暖かくなってきましたね☆彡

さて早速ですが3/3(金)雛祭行事に備えて

雛人形を設置しました^w^¥

 

P_20170228_093020

 

雛人形の設置に関して色んな説があるので紹介したいと思います。

 

①雛祭の時期は「桃の節句」と言われているので、

季節が変わり過ぎる前にはきちんと手入れをして片付ける。

 

②災いや厄を代わりに追い払ってくれる。

 

③春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくる頃を啓蟄といい、だいたい3月6日ごろである。

それまでに雛人形はしまったほうがいいとされる。

 

④昔から桃には邪気を祓う力があるとされ、邪気祓いをする上巳の節句が桃の節句になった。

桃は不老長寿を与える植物とされており、長生きできるようにとの願いも込められている。

 

などなど!!家庭に雛人形のある方は是非飾ってあげてください☆

 

では行事本番の投稿を楽しみにしてください^^¥

 

 

奈良県 柊の郷一同

P_20170228_093020

続きを読む

カテゴリー:未分類

上総 航空祭に参加

2017/02/28

グループホームで過ごしている方々と、

木更津駐屯地の航空祭に行って来ました。

 

当日は晴天に恵まれ、利用者様とヘリコプターの編隊飛行や自衛隊員の実演演習を

見学しました。

 

ポスター-w480

 

一般のマラソンにしろ、出初式や今回のイベントにしろ、

なかなか他の障がい者施設の方々とは出会いませんね!!

 

「やぁ!」と挨拶ができるようになりたいものですよね!!

 

DSCN7735-w480    DSCN7730-w480

この写真を見ていると、まるでこれから飛行機に乗って旅行に行くような雰囲気ですが(笑)

 

ふと、「飛行機での旅行を利用者様と保護者様もいっしょに実現したいなぁ」、と独り言のように思っていた自分を思い出しました。

 

DSCN7728-w480   DSCN7762-w480

オッと、ここにも「きさぽん」「ガウラ君」が・・・・。  ヘリコプターに手を振って応援しました。

 

また、展示しているヘリコプターに乗ったり、自衛隊音楽隊の演奏や起床ラッパの演奏を聞き、

楽しい時間を過ごしました。

DSCN7745-w480   DSCN7753-w480

編隊飛行                       ヘリから降下

 

DSCN7758-w480

 

これから、もっともっと、利用者様と楽しい思い出を作っていきたいですね。

さてさて、今週もいろいろ楽しいことがありますよ。♫♫♫

お楽しみに!!!

 

ポスター-w480

続きを読む

カテゴリー:未分類

上総 ひな人形

2017/02/27

上総にひな人形が来ました。

昨年はなかったので、さびしかったのですが、

今年は賑やかになりました。

七段飾りの立派な雛飾りです。

エントランス正面に飾りつけていただきました。

上総の玄関を入ると、真正面にど~んと!!

雛人形1-w480

DSCN7673-w480

DSCN7688-w480   DSCN7689-w480

 

 

 

実は、この雛人形は副理事長の奥様の実家で大切に大切に飾られていたなひな人形です。

それを「柊の郷上総に飾ってください」と快く持って来ていただきました。

 

職員からは「壊れてしまう」とか、いろいろ心配ごとがあるようですが、

ご両親から、「壊れるのも、楽しいじゃないですか」と大きな気持ちで、受け止めていただきました。

本当に、ありがとうございます。

 

ひな祭りの日には、利用者様と一緒に、雛飾りがイベントを盛り上げてくれるでしょう。

こうやって、柊の郷の利用者さんは、「みんなの協力で一緒に楽しんでいけるのだなぁ」、と

思った日曜日でした。

ご協力、ありがとうございます。

 

 

雛人形1-w480

続きを読む

カテゴリー:上総,行事

上総 バレンタイン

2017/02/26

DSCF7690

こんにちは。バレンタインの報告です。

上総では2月14日に調理実習を行いました。

この日はバレンタインデーなので女性の利用者さまが調理の主役となり、チョコレートを使用したおやつを作成しました。

去年のバレンタインではチョコクランチを作ったのですが、今年はどんなスイーツができるのでしょうか?

 

 

 

DSCF7698

こちらが80名分の材料になります。

牛乳7ℓ、板チョコ50+5枚、ゼラチン、砂糖です。

 

 

 

DSCF7705

まずはチョコレートを溶かしやすいように手で割っていきます。

 

 

 

DSCF7743

お次に割ったチョコに少量の牛乳を加えてレンジで温めます。

 

 

 

DSCF7728

チョコレートを温めている間に、別に温めた牛乳にゼラチンと砂糖を加えて混ぜていきます。

チョコ、牛乳、ゼラチンの計量は完璧だったのに、なぜかこの行程だけスプーン大(謎グラム)により男前な味付けをほどこされています。でも甘い分には問題ないですね!

 

 

 

DSCF7746

レンジで温めたチョコに牛乳他を加えてヘラで馴染ませていきます。チンしたばかりのチョコレートは見た目は砕けた板チョコなのですが、ヘラで撫でるだけでどんどん溶けていきます。

 

この辺りでチョコレートの強烈な香りが室内を満たしていきます。

この日の調理実習は午後のおやつの時間に合わせてお昼前の活動となりましたので、空腹に甘い香りがたまりません。

 

 

 

DSCF7730

そして全ての材料がここに溶け合いました。

チョコレートとミルクが混ぜ合わさり最強に見えます。

 

 

 

DSCF7733

最後にカップに小分けしてフタをしたら冷蔵庫で冷やして完成です。

今回の調理実習はいつもより工程が多くて大変でしたが素敵なチョコプリンができました。

女性の利用者様は、真剣に愛情を込めて作っていただいておりました。

次のホワイトデーも楽しみになりますね!

男性の利用者様、がんばれ~!!

DSCF7698

続きを読む

カテゴリー:未分類

奈良 みかんの湯

2017/02/25

気温も暖かくなり過ごしやすい季節になってきました。

春らしい空になってきましたね!

 

DSC_0362

 

柊の郷のお風呂にみかんを入れてちょっと楽しんでみました。

みかんはお肌に良いらしく湯ざめ効果もあると言われています。

また、香りも良いですしね(^^)

本当はもっと細かくちぎっていれると良いのですが…

 

1487917145316

1487917145316a

続きを読む

カテゴリー:未分類

障がい者行政に携わる千葉県会議員・伊藤和男県議の資質を問う

2017/02/23

平成29年2月22日(水)千葉県議会・健康福祉常任委員会において、伊藤和男議員より障がい福祉行政に携わる県議としてあり得ない、信じ難い答弁がなされました。

 

傍聴した者として、障がい者の利用者さんをお預かりする身として、とても許せる内容ではないので記事にします。

 

1.伊藤和男県議の答弁内容

「袖ケ浦にはいろんな施設がありますけどね、私共の場所にもいろいろ問題があるわけですよ。どこのグループもね、みんな知恵遅れとか色んな障害を持った人、それを扱う中でジレンマが起きる、乱暴に扱う。これを徹底的に暴かなければならないと思いますね。
ですから色んな調べに対しては、注意をしながらもここで怖気づいてはいけない、やるべきことはやる。
なおさら柊の郷は県外でもやっていて事業が大きい。色んな政治家や立派な人が後ろ盾についている。私も聞いていますよ。
そういうところこそ見本を示してもらうためにも、ここでひるむことなく、子供らには傷害を与えないように、組織に対しては強くやってもらわないと、どこで知恵遅れとかハンデをしょった人がね、最後泣き寝入りをするような事態になっては絶対にいけない。
ですから、今出ましたけどねテープも結構、やるべきことはやってね、その弱い弱者、知恵遅れの人を守るということでひるまずに対応していただきたい。」

 

2.問題点
(1)障がい者=「知恵遅れ」という考えが許されるはずがない。

障がい福祉行政に携わる者が、千葉県の福祉行政を決定する公の場において、「知恵遅れ」という差別用語を当然のように連呼することが許されていいのでしょうか?

うちの利用者さんたちを知恵遅れ呼ばわりした伊藤和男県議、絶対に許せません。

 

「障がいの種類・態様は様々であり、その個性に適した環境で楽しく生活していただこう!」そういった理念のもと、障がい者差別が法律で禁止され、「知恵遅れ」といった言葉も差別用語とされています。

 

勉強が苦手でもうちの職員より遥かに運動が得意な方、まったく逆の方もうちの利用者さんには沢山いらっしゃいます。

「『障がい』をマイナスではなく『個性』ととらえ、楽しく生活を送ってもらう」これが今の障がい福祉行政の大前提ですよね?

 

にもかかわらず公の場で、障がい者の方々を「知恵遅れ」と差別用語で一括りにし、「守ってやる」と上から目線で発言する伊藤和男県議に、障がい福祉行政を担う資格はない。

 

(2)障がい者をお預かりすれば、必ず職員が暴行するとでもいうのか?

伊藤県議は、知恵遅れの障がい者を預かると職員がジレンマを抱え、結果として暴行事件を起こすと、当然のように述べています。

 

障がい者の方と接すれば強いストレスを感じるのが当然とするような発言、障がいを持つ利用者の方々に楽しんでもらおうと日々努力する職員を侮辱するような発言であり、到底許すことはできません。

 

障がい者をお預かりする施設やグループホームでは、必ず職員の暴行事件がおこるとでもいうのですか?

 

そもそも、障がい者に関する千葉県内最悪の事件は、3年前の千葉県の管理・運営する施設における、千葉県の施設職員による障がい者虐待死事件ではないのですか?

 

自らの所属する県が引き起こした重大事件を棚にあげ、他の民間法人が必ず障がい者虐待を行っているかの如き発言であり、責任転嫁も甚だしい。

 

 

(3)伊藤和男県議は障がい者虐待を推進するつもりなのか?

伊藤和男県議の答弁の直前には、他の県会議員により、千葉県庁が行った立入検査時に、県職員が障がい者を本人や保護者の同意なく連れ出し、密室でボイスレコーダーによる録音を強制した事件に関する問題追及がなされていました。

 

障がい者虐待は許されることではありませんし、防止するために県が法人職員に対して調査を行う事について否定しません。私たちも協力します。

 

しかし、一個人として人権を認められ、守られるべき障がい者の方々に対し、行政職員が密室で録音を強制するという人権を無視した行為を許せるはずがありません。

 

伊藤和男県議は、他の県議により重大な問題追及がなされた直後に、何の条件も付けず「テープも結構、やるべきことはやってね」と障がい者の人権は無視されて当然であるとの答弁を行いました。
すなわち、障がい者本人の同意や保護者の同意なく、障がい者が密室で録音を強制されても良いということです。

 

こんなもの、県議が障がい者虐待を容認・推進しているのと同義ではないのか。
このような認識の人が、障がい福祉行政に携わることに不安と憤りを感じます。

 

柊の郷は、障がい福祉行政に携わる伊藤和男県議の資質を問うとともに、あまりに酷い答弁内容に対し断固抗議します。

 

続きを読む

最新記事一覧次の記事 >

TOPへ