柊の郷だより

カテゴリー:未分類

千葉 グループホームでの食事風景

2016/09/23

9月は雨の日ばかりのような気がします。

ゲストさんも畑活動に行けずに館内活動中心、畑のヤギも寂しそうです。

早く、「天高く、人?肥える~」の日が来てほしいですね。

 

さてさて、今まで、上総の活動ばかり紹介しているので、グループホームでの食事風景を紹介しようと思います。

土曜日と日曜日に朝食・昼食・夕食を各グループホーム8棟にてそれぞれ楽しみました。

やっぱり一番の楽しみは食事ですよね。

いつも召し上がっていただいているお食事も、お弁当箱に盛り付けをすると雰囲気がかわり、好評をいただいております。

IMG_0699-w800    GH林

グループホーム野田の食事風景です。           グループホーム林の食事風景です。

美味しそうに! 楽しそうに! 真剣に! 無我夢中で! 早く食べて隣の人のおかずを!

それぞれのグループホームで、それぞれ繰り広げられております。

IMG_0685-w800    IMG_0683-1-w800

 

でも、友達と一緒に食べたい! 友達は食べたかな? 友達は・・?

土曜日、日曜日、友達に会えないと寂しい! 一緒に食べたいっ!!

他のグループホームのたくさんのお友達と一緒に食事をしたいという声が多いですね。

 

今後も、ゲストの皆様の感想やご意見を取り入れ、また保護者の皆様のご意見を参考にして、グループホームでのイベントを一層充実させて参ります。

その中で、グループホームでのお食事については、ゲストの皆様が主体となった調理・飲食の実施が可能か否か、グループホームでのお食事が、上総で提供するような専門の調理員による健康で良質な食事内容であり、衛生管理の徹底が可能か否かを検討し、判断して参ります。

今後も柊の郷は、「食事はグループホームで食べるもの」といった固定観念にとらわれず、「何が利用者の皆様にとって幸せなのか」を考えて実践して参りますので、皆様のご協力をお願いいたします。

 

ちなみに、朝食のメニューです。 弁当箱に詰め替えます。(提供日は上記写真と異なります)

量が多いので、みんな満足でした。

DSCN6969-w800

昼食です。

サバが大きかった!

DSCN6923-w800

夕食です。

DSCN6978-w800

 

追記

久々に奈良の葛城苑に行って来ましたが、台風接近で大雨どしゃ降りの日でした。

でも、ゲストは元気いっぱい。笑顔があふれていましたね。

みんなで大歓迎です!! 抱き着いて抱っこ! 私に元気注入してくれました。

ほんとに良い方ばかりで、元気をいっぱいもらって、癒されて帰ってきました。

職員の台風接近に伴う対応も完ぺき、どしゃぶりの中、走って施設の見回りをしていました。

では、また!

DSCN6969-w800

続きを読む

カテゴリー:上総

上総 大掃除

2016/09/09

 

上総で大掃除(感染症対策)

9月1日に千葉県市川市の別施設でO-157の集団食中毒が発生したとのニュースを受け

感染症対策として、上総で大掃除を行いました。

 

DSCN7195-w880    DSCN7196-w880

さて、取り換えです。

昨年の開所前が懐かしいですね。

DSCN7105-w880   DSCN7154

上総も開所して1年以上が経過し、カーペットの汚れも目立ってきたり、

水に濡れたり、食事をこぼしたりした部分もあったので・・・・・。

DSCN7131-w880

 

この機会に、上総1階のカーペットを全て新品に取り換えました!!

当然、感染症対策という意味が大きいので、新しいカーペットを張る前、

張った後にも噴霧器で床の殺菌消毒も念入りにしました。

!cid_ii_156f92aee6c0e5bc

 

やはり、新品のカーペットは触り心地もよく、利用者さんにも好評です。

DSCN7173    DSCN7171

現状、他法人の施設で感染症等が発生しても、それがニュースになり、

国や県が具体的で実践的な対策が打ち出すまでタイムラグが生じています。

(実際、9月1日に市原市の別法人で食中毒が発生してから、県が感染症対策の研修を開催するまで3週間程度かかるようです。)

 

しかし9月にはいり、インフルエンザやノロウイルス等が流行る時期が近付いている中、

そんな悠長なことは言ってられません!!

ゲスト(利用者)の皆様が、何よりも清潔かつ安全な場所で、安心して笑顔で暮らしていただけるよう、

今後も柊の郷は、自分たちで何が最善かを考えて実践してまいります。

 

DSCN7131-w880

続きを読む

カテゴリー:未分類

上総 防災講習 警察署協力

2016/09/06

台風等の災害で福祉施設が災害に巻き込まれるというニュースが絶えません。 柊の郷では、先日の不審者に対する護身術講習に引き続き、

今回は災害が起きた時の対応として 木更津警察署のご協力を得て、防災講習を受けました。

災害時に施設の利用者様をいかに安全に、しかも迅速に誘導し命を守ることが課題になってきます。

 

DSCN7065-w880   DSCN7067-w880

動けない方、怪我をされた方を安全に身近な毛布やシーツで担架をつくり搬送する練習をしました。

ほうきやモップでも出来るそうですよ。

 

DSCN7071-w880   無題

毛布がない場合は、一番簡単な「おんぶ」です。

「おんぶ」なんか、簡単!!、と思っていたら、

これも安全な「おんぶ」の方法があるみたいで、目からウロコでした。

警察署の署員の方々、本当にありがとうございました。

 

柊の郷では、利用者さんの安全のために絶えず、これからも地域の方の協力を得ながら、

職員研修を実施していきます。

みなさん、こんな研修がしてほしい、やりたい、という方があれば、

連絡ください、待っています。

 

 

DSCN7071-w880

続きを読む

最新記事一覧

TOPへ